コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

仮想通貨投資は種類が多い!取捨選択して自分の強みを見つけよう!

仮想通貨投資の最大のメリットは「とにかく種類が多い」という点(°ω° )
 
単に買ったり売ったりすることもできれば、レベレッジを掛けてハイリスク・ハイリターンの取引をすることもできます。さらに、SNSを使って無料で手に入れる方法もありますし、PCや電子機器を使って自ら生み出すこともできます。
 
これだけの種類があると「どれにしよっかな〜♪o(*´ω`*)o」っと悩んでしまいますが、これだけは覚えておいていただきたい。
 
どれもそれなりの知識と用意は必要です。
 
何故当たり前の事をこんなにも主張するのかというと、何でもそうですが”結果”を出すには「浅く広く」よりも「狭く深く」の方が圧倒的に学習効率も良く、結果も出しやすいからです(°∞°*)
 
自分が挑戦できることの種類が多いと「全部試してみたい」と思ってしまうのがヒトの常ですが、全てで結果を出すのはかなり難しいです^^;
結局「面白くない。つまらない。(´ω`)」となってしまって何も得られずに終わってしまうでしょう。
 
おそらく心当たりがある人もいるのでは?(笑)
 
この記事では、これから仮想通貨投資を始める前に「自分にはどれが向いているのか」「どれが向いていないのか?」を知るための予備知識を紹介します^^
 
数ある投資方法の中から「自分に向いてる取引」を選択するための参考にしてください(و°ω°)و

基本中の基本:現物取引(げんぶつとりひき)

現物取引について説明すると、これは文字とおり通貨(現物)を買ったり売ったりする取引のこと^^
実物を保有するので、買った通貨をそのまま資産として保有することもできますし、値段が上がった時に売り払って売買差益を狙うこともできます♪

現物取引のイメージ画像

取引する時は「板(いた)」と呼ばれる顧客の注文がすべて並べられた注文表を見ながら取引をするのですが、この「板を見ながらの取引」は株の取引でも使われています(°∞°)
 
なので、仮想通貨の現物取引を勉強すると、将来的には株取引でも通用する知識を身につけることができるのです^^

・色んな投資に興味がある
・基本的な事から始めてみたい

というヒトに向いている取引ですね₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾
板取引についてより詳しく知りたい方は「仮想通貨取引のやり方②」で詳しく紹介してますので、そちらを参考にしてください^^

本格的な投機:信用取引(しんようとりひき)

信用取引は取引所に預け入れたお金を担保にして、さらにお金を借りて運用する取引のことです。
 
仮想通貨の場合は、法定通貨(JPY、USD)を担保に仮想通貨を借りて取引をする、という感じになります(°∞°)

信用取引の説明画像

取引所から通貨を借りて運用するので、「借りた通貨を売り払って安くなった時に買い戻す」、投資で有名な「空売り」ができます。

空売りの説明画像

また、信用取引は預け入れたお金(以下:証拠金)よりも多くの金額を運用できるので、例えば証拠金の10倍の通貨を借りて運用すれば、利益も10倍にすることができます^^
もちろん損失も10倍になりますが(笑)

・市場(価格変動)を分析する力を磨きたい
・多少リスクをとっても大きな稼ぎを狙いたい

というヒトに向いている取引ですね₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾

簡単で無料:エアドロップ

エアドロップというのは、SNS(Twitter、Facebook、etc)とかコミュニティチャット(5ちゃんねる的なモノ)を使って、新しくコインを作った人たちが認知度を上げる為に無料でコインを配るイベントのこと(°∞°)

1番簡単で手軽な取引方法です。もはや「取引と読んで良いのか?」というくらい簡単(笑)
エアドロップについて詳しいことはコチラの記事を参考にしてください^^
無料だから楽しいエアドロップ!仮想通貨をもらいまくる方法を紹介します♪

「取引」というと、「相手の考えている事を探り合いながら自分に有利な展開に持ち込む」という心理戦に挑まなくてはならないように思えるかもしれませんが、エアドロップはそういった駆け引きがありません。

ですので、初心者にとって1番始めやすい取引方法になると思います^^

デジタル好き向け:マイニング

これは、人によってはもしかしたら1番ハマるかもしれせん^^
そもそも「マイニング」とは、仮想通貨を発行した運営の手助けをする報酬として仮想通貨を貰う方法のことです(°∞°)

仮想通貨っていうのは、世界中の人を相手に「売買取引」とか「個人に送る」とか「不特定多数の人に送る」ということができるので、1秒間に数百件。多ければ数千もの取引が日夜行われています(°∞°)

でもって。
1回取引する度に、誰かがその取引を「承認」しなければ成立しない仕組みになってるのですが、1秒間に数百もの取引を承認するのはものすごく大変ですよね?
それこそハイスペックなPCを数十〜数百も並べないと到底追いつきません。

そこで、その承認作業を一般人が手伝おうっていうのがマイニングなわけです^^

承認作業っていうのは、「プルーフ・オブ・ワークス(PoW)」「プルーフ・オブ・ステークス(PoS)」「プルーフ・オブ・コンセンサス(PoC)」のようにいろんな種類があって、それぞれ承認作業の内容が違います。

でもって、それぞれ報酬の支払われ方や受け取るための条件も違いますので、その辺り注意が必要ですね٩( °ω°)و

まとめ:自分に向いているのかどうか?

1番大事なのはコレ↑ですね^^

自分に向いてるかどうかは何よりも重要です。
けど、案外自分のことってわからないヒトも多いと思います(°∞°)

ですので、この記事を読んだ方が「○○が向いてる!」と自分で答えを見つけ出してくれると、何よりも嬉しいです^^

それでは。
今回はこの辺で。
 
次回のブログでお会いしましょう〜(و°ω°)و
 

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 投資ブログへ

押していただけると元気1兆倍になれるので応援ヨロシクお願いします₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。