コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

グーグルに喧嘩を売る仮想通貨「Presearch(PRE)」とは?

いらっしゃいませ〜♪
仮想通貨の配当で生きていきたいビンノ『@crybro_binno』だよ:)

ナウはしがないバイトリーダーだけど、そのうち

毎日ギロッポンのOmiseにGoしてやるゼ!!

という決意のもと、仮想通貨をやってるYo♪
そんな今日のクリブロはワタシのお気に入りの仮想通貨【Presearch(PRE)】の紹介ですXD

Presearchはググったり、アマゾンで商品を探したり、Youtubeで動画を探したりといった【検索全般】に対して報酬がもらえる仮想通貨プロジェクトなんだよね♪

プレサーチのトップ画像

実際はこんな感じの検索フォーム↑
おそらく様々な検索に対しての報酬は、ベータ版の今だけだと思いマス!

調べ物が多い人、ネットサーファー、何かを探しさまよっている人は、いま登録しておけば検索するたびチャリンチャリン稼げるから、登録しなきゃ損やで(ง ° ͜ ʖ °)ง

やり方はこの記事で書いてるから参考にしてYo。
presearchのアイキャッチ【ググる】がお金になる!Presearchで毎日稼ぐ方法を教えるよ

 

で、今回は上の記事で書けなかった、Presearchってどんなプロジェクトなの?何で検索で報酬くれるの?将来性は?とか、その辺を書いていくよ:)

Presearch(PRE)の基本情報

プレサーチのロゴマーク

 

ざっくりPresearch(PRE)まとめ
概要分散型検索エンジン・プラットフォーム
発行元(運営元)Presearch.org(公式HP)
通貨名PRE
通貨タイプEthereum ERC20トークン
総発行枚数1,000,000,000PRE
ホワイトペーパー公式HP参照
取扱取引所HitBTC / YoBit / CoinExchange
SNSTwitter / Telegram

Presearchってどんなプロジェクトなのか?

簡単に言うとPresearchはグーグル先生が独占している検索業界?に喧嘩を売っていくプロジェクトです。

現状は『ググれ●ス』と言われてるように、検索といえばグーグル先生ですよネ。

これは日本だけでなく世界でも同じで、ちょっと(グーグルで)調べてみると、検索エンジンのシェアはなんと!90%くらいがグーグルですXD

2017年5月-2018年5月のデータ
世界の検索エンジンシェア率

参考サイト:StatCounter GlobalStats

市場を独占しちゃっているわけですナ。

このような状況だと、ほとんどの企業は自社のサイトとかにいっぱい人が来てほしいですわけですから、Google先生が提供している検索エンジンに「合わせた」サイトになっていくと思いマス。

「SEO(サーチエンジン最適化)」とかブログ書いてる人なら聞いたことあリますよね:)

ようは、あるキーワードで検索された時に、検索結果で上位に表示されようとみんな必死なワケです。

そして、その検索結果の【ルール】を決められるのがグーグルだと・・・もはや何でもできちゃうヨネー!!

グーグル先生

それってけっこうヤバくなーい??健全じゃなくなーい??と立ち上がったのがPreserachです。

Preserachの分散型検索エンジンでクリアな検索を

Presearchはブロックチェーンを使った、オープンな【ルール】のもとで、1つの企業が表示順位とかを決めるのではなく、みんなが良いと思えるものを上位表示できるようなプラットフォーム(検索エンジン?)を作ろうぜ!

って感じのプロジェクトです(ง ° ͜ ʖ °)ง

【PRE】というPresearchで使われる独自トークンはICOも終わり、いくつかの取引所に上場していて売買できますが、独自の検索フォームはまだありません。

後々はグーグルみたいに、1つの検索プラットフォームを作って運営していくんだと思いますが、現状は開発途中って感じですね!

開発途中でもなぜ検索で報酬がもらえるの??

なぜ検索をすれば報酬がもらえるのはなぜかと言うと、開発に協力しているからだと思います♪

たぶん、検索プラットフォームを作るためには、検索ワードとかがいっぱい必要なんじゃないカナ。

プレサーチのトップ画像

まずはユーザーにベータ版↑を使ってもらって検索ワードとかを集めたりする代わりに、トークン(PRE)を報酬としてあげている感じですカネ:)

検索型のマイニングみたいですNe。

ちなみにワタシはすでにベータ版で100PRE以上稼いだゼ♪

ベータ版の成果

 

まだの人はこちらから登録どうぞ!
紹介コードで25PREもらえるゾイ(ง ° ͜ ʖ °)ง

Presearchベータ版登録へ

「Sign Up Now!」からいけば大体わかると思いマス。

 

で、Presearchは将来的には、企業側から広告をトークン(PRE)で払ってもらって、それを検索した人が50%ほど受け取れる形になるそうです!

ただこのへんの詳しい仕組み的なところはホワイトペーパー見てもよく分らなかったデス!笑

【Presearchのホワイトペーパー】
presearchの仕組み(ホワイトペーパー)

来たれ解読班!!

PResearchの将来性は?

プロジェクトとしては、グーグル先生に喧嘩売ってて非常に面白いですが、将来性はぶっちゃけ未知数ですネXD

ベータ版は10万が利用しているゼ〜みたいなインフォメーションがありますが、先生に勝つには10万人規模じゃ足元にも及びませんから!

ツイッターやテレグラム参加者も数千人規模ですし、これからの盛り上がりに期待したいところデス。

でもまぁ今は検索してれば毎日200円くらいトークンくれるし、とりあえず毎日ほりほりしてます♪

将来的に検索がお金になると知ったら、みんなそっちに流れる気はしますしネ!!

そしたらPresearch(PRE)の価格も爆上がりで、、、
ウヒョヒョヒョ〜ᕕ(° ͜ ʖ °)ᕗ

 

以上ざっくりとPresearchでした!
質問やここ違うゼといったことはコメントかTwitter『@crybro_binno』までお気軽にどぞ:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。