コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

微益を笑うものは微益に泣く(泣)安全策が思わぬ結果となった取引。

はじめましてこんにちは^^

昨日ファミマの肉まんを買いました。
思わず叫びたくなるくらい美味しかったです((( °Д°)ウマーーーー

さて。昨日は肉まん片手にスマホでポチポチBTCFXをしていました^^
最近ボラが戻ってきたのもあって、1時間で10000円とか、数分で5000円とか、結構バンバン動いてくれるので凄く取引しやすい状況になってます₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾

ボラティリティが高くなっているBTC/JPY15分足の画像

ボクが愛用しているWiseBitcoinも手数料を無料にしてくれたので、今までは狙えなかった狭い値幅も狙えるようになって、かなり高確率で利益が取れるようになっています!

今までは「値幅10000円以上 / 勝率70%以上」を狙わないと全く利益が残らないという状況だったのですが、最近は「値幅6000円以上 / 勝率50%」でも全然問題なく利益が出るという状況に!(*´∀`*)ウヘヘ※BTC/JPYの情報です※

いやぁ〜たまりません(笑)
そりゃぁ肉まん買っちゃうよね^^

この調子でガンガンいくぞ〜!!っと、、、思っていた矢先。

やっちまいました(・Д・)

微益決済で終わってしまった画像

為替FXも含めてFX歴5年のそこそこトレーダーには合ってはならぬ凡ミス(泣)
あまりの悔しさに30分かけて肉まんをもう1個買いに行く始末。。。。

何事もそうですが、やはり結果が出ている時こそより注意深くならなければなりませんね(σ;∀;)

そんなわけで、今回は自分への戒めも込めて「あまり出来の良くないトレード」を紹介しようと思います^^

BTCFX初心者の方は「こういうこともあるんだなぁ〜」ってな感じに参考にしていただければ幸いです。

ヨコヨコ相場を攻め立てるきっかけ探し

2018年9月11日のBTC相場は、相も変わらずヨコヨコ(レンジ)状態を継続。

方向感が無ければ、分かり安い高値安値も特に無く「さて、どうしたものか?」と肉まん片手にスマホ画面を眺めてました(・ω・ )

BTC/JPYの1時間足を分析している画像

↑これはBTC/JPY1時間足の画像ですが、似たような価格帯で行ったり来たりしている様子はなかったので、上下斜め方向に高値安値同士を結ぶようにトレンドラインを引きました。

コレを見ると「徐々に価格が収束している」ことがわかりますね^^
FX用語でいうところの「ペナント」ってヤツです。

ペナントを図式化した画像

ペナントはヨコヨコ(レンジ)相場と同じ特性があって、収束した後どちらか一方向に一気に動きます。ボクが多様している「ブレイクアウト」ですね^^

BTCFXに限らず、BTC取引をしている人の多くが愛用しているテクニカル指標で、初心者でも分かりやすいんです♪

エントリーはトレンドラインのブレイク狙い!

1時間足でトレンドラインを引いた後は、より短い時間足の「15分、5分」に切り替えて、どこに予約注文を入れるか検討しました( ・ิω・ิ)

今回の予約注文は

【IFO注文】
1、下がったら売る(逆指値:Stop注文)
2、約定後上がったら損切り(逆指値:StopLoss注文)
3、約定後下がったら利食い(指値:Taleprofit注文)
このような組み合わせになっています^^

で、肝心のエントリーラインですが。

15分足で予約注文を入れたチャート画像

15分足で見ると、1時間足のチャートで引いたトレンドラインの少し上にレジスタンスラインがあって、数時間何度も反発していることから「ココが肝だな」と分析(σロ-ロ)✧

トレンドラインとの距離が若干気になりましたが、ピッタリ一致することも稀なのでこの時はそのまま予約注文をセット^^

肉まんの下についてる紙をムシャムシャしながら帰路に付きました。

サクッと約定!が、、安全策がまさかの裏目に

5分足で予約注文が約定している画像

下の紙も美味っ((( °Д°)・∵.
と叫んでいたその時、予約注文もサクサクっと約定してくれました^^

しかも結構な勢いで!
やっぱり自分が分析した通りに約定してくれると嬉しいですね✨

約定後に含み益が伸び続けているBTC/JPY5分足のチャート画像

勢いを保ったままサクサクと含み益を伸ばし、気付けば利確目標の半分以上まで増えていました^^

で、普段ならここまでくればほぼ勝ち確定なのですが、100%勝ちたかった(この時は)ので「損切り逆指値:StopLoss注文」を約定ラインよりも下にずらしてトレールすることに^^

BTC/JPYの5分足でトレールしている画像

↑こんな感じで約定ラインから少し下に逆指値を動かし、1300円分の利益を100%保証します٩(°ω° )و

約定ラインから1300円というと、普通の取引所ならば手数料分でマイナスになってしまうくらいの微益なのですが、ボクは手数料0円の所で取引しているので1300円がそのまま利益になります^^

ってな感じで余裕ぶっこいてチャートを眺めていたのですが、、、、、

価格が戻りトレール失敗してしまった画像

「マジか〜、、、、(´・ω・`)」

ご覧の通りあっさり戻って来てしまい、結果1300円フィニッシュ。
しかも、ボクが切られてしまった後に予定していた利確ラインまで普通に下がっていきました(笑)

そりゃぁ肉まんもう1個買っちゃうよね。

まとめ:利食いはエントリーよりも難しい

と、言われているほど利食いのタイミングって難しいんですよ(笑)

特に利益が出ているときっていうのは「欲」とか「焦り」とか「変な自信」とか色んな感情が混ざって、冷静な判断が出来なくなるんです。

ボクは予約注文でオート(自動)に決済することが多いですが、今回みたいにチャートを見ながら判断する時もあります。

で、チャートを見ながら判断する時は、だいたい「もっとこうしとけば良かった、、、」ってなるんです(笑)

モチロン、どこを落とし所にするのか?によっても変わりますけど、業界で活躍しているプロのトレーダーでも利確は難しいと言われていますからね。
そのくらいムズいんですよ。利確は。

利食い、損切りに役立つ「指値・逆指値」の使い方はコチラの記事を参考にしてください^^
BTCFXを10倍楽にする秘訣!指値・逆指値注文の特徴と使い方を解説^^

ということで。今日はこのへんで。
また次回のブログでお会いしましょう(°ω°)

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 投資ブログへ

押していただけると元気1兆倍になれるので応援ヨロシクお願いします₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。