コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

仮想通貨の回転とは?初心者でも簡単に真似できるコツを紹介します♪

サムネイル

東くん

こんにちは♪
仮想通貨の資産運用は”回転”がメインの、東くん(@crybro_token

ここでは、ちょっとハイレベルな仮想通貨の取引方法「回転」について紹介します(*°∪°)

「回転」というのは投資用語の「回転売買」が元ネタになっていて「短い期間で金融商品の売買を繰り返す」これを回転と言います。

元々「ガチホ」一択だった仮想通貨業界でもジワジワと人気を集めていて、「ナンピン(買い増し)」や「ドテン(反対ポジション)」のように主流の取引方法になりつつあります♪

ただし。
いくら主流になりつつあると言っても”初心者さん”にはちょいとハードルが高い取引方法でもあります。

・これまでガチホしかしてこなかった”投資初心者さん”
・「暴騰」「暴落」に便乗してきた”イナゴさん”
・今までFX、株の取引をしていた”仮想通貨初心者さん”

こういった方々にとっては特にハードルが高いと言えるでしょう(´ω`;)
この記事では、元FXユーザーであるボクの経験から「仮想通貨で回転する時の注意点やコツ」を紹介します!!

もちろん、投資初心者さん向けに「基本的な仕組み」についても紹介していますよ(و’ω’)و

「回転」のキホン知識

その1、「回転」と「ガチホ」の違い

「回転」と言っても、利益の出し方は「買った時と売った時の差額」これが利益&損失となります。
大きく違うのは「取引方法」「保有期間」の2つです。

まず、ガチホでは「現物取引」が主流ですが、回転では「信用取引」が主流になります(*°∪°)
信用取引は、売り注文で利益を出す「空売り」ができるのと、元手以上のお金を運用できる「レバレッジ」を使えるところが現物取引と大きく違う点ですね。

次に、ガチホは「1年以上〜数年」くらいかけてじっくり資産を増やす長期保有型の運用方法ですが、回転は「数分〜数時間」という短い期間で売買を繰り返して資産を増やす短期保有型の運用方法です。
仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高いので、こういった短期保有型の運用方法とも相性が良いんですね♪

ただし、他の金融商品と違って仮想通貨はスプレッドが広めに設定されているので、ある程度の利益を出すには「数時間〜数日」は必要です(°∞°*)

ガチホ回転
保有期間長い
1年以上〜数年
短い
「数時間〜数日」
取引方法現物取引信用取引
注文方法買い買い、売り(空売り)
運用資金普通:レバレッジなし
(残高と同等の金額)
大きい:レバレッジ有り
(残高以上の金額)

その2、短い期間で大きなお金を運用する

回転は信用取引がメインになるので「レバレッジ」が関わってきます。

レバレッジとは、口座残高の数倍〜数十倍のお金を運用できる仕組みのことで、口座に入っている資金(残高)を担保に業者から信頼を得ることで売買が成り立ちます。
レバレッジ取引が「信用取引」と呼ばれる所以ですね(*°∪°)

証拠金取引のイメージ画像

レバレッジ
資金 × レバレッジ = 取引できる金額
(例)[資金:1BTC] × [レバレッジ:5] =[取引できる金額:5BTC]

回転は短い期間で売買を繰り返すため、1度に狙える利幅(価格変動幅)は比較的短くなります。
そのため、残高の数倍以上のお金を動かし、1度に得られる利益を大きくすることで運営コストを補填するのです♪
「資産運用のコスパを上げる」とも言えますね^^

その3、チャートを使った分析が主体になる

ガチホの場合は「◯◯に上場した」とか「CEOが発言した」といったファンダメンタルズ(社会指標)が判断材料となり、「どれだけ注目を浴びるか?」で通貨の価値が左右されていましたよね(*°∪°)

しかし、回転の場合は過去の値動きを参考に、統計的な視点でロジカルにチャートを分析する「テクニカル分析」が判断材料となります。
チャートに色んな線を引いたり、「インジケーター」と呼ばれる分析ツールを組み合わせながら、あくまでも自分自信の采配で注文するかどうか決めていくわけですね♪

「投資は自己責任で」というキャッチコピーをよく目にしますが、回転では「自己判断」も必要なのです(*°ω°)

回転を成功させる「3つのコツ」

その1、「回転専用」の資金と取引所で運用する

資産運用するときに「有り金全部投入する」のは御法度とされていますが、回転をするときも自分の資産の何割を運用するのか予め決めて置きましょう。

「ガチホ専用資金」「回転専用資金」「信託専用資金」と、それぞれバランスを見ながら自分の資産を分配してください(*°∪°)
投資では”ポートフォリオを組む”と言いますが、こうして資産を分配しておくことでリスクヘッジ(危機回避)にもなりますし、気持ちにも余裕ができます♪

資産は分散管理する

また、回転で最も重要なモノは何かと言うと、それは「テクニック」ではなく「取引所の使いやすさ」です!!
回転では操作中の”戸惑い”や”ミス”が命取りになりますからね。

ですので、”現物取引と信用取引が一緒の取引所””注文&決済の操作に煩わしさを感じる取引所”はNGです(°∞°*)
もちろん「慣れ」もあると思いますが、出来る限り信用取引やマージン取引を専門に扱っている業者を選びましょう!!

「餅は餅屋」です♪

その2、テクニカル分析のスキルを磨く

回転するときも、まずは「どこで買うのか?」「どこで売るのか?」決めなければなりませんよね。

”どこが安くて、どこが高いのか?”
”どこで注文して、どこで決済すればいいのか?”

これを見極める為に世界中の投資家は毎日のように血眼で分析していますが、その時に1番使われているのが「チャート」です(°∞°*)

ネットやSNSから情報を収集するのが仮想通貨業界では主流ですが、ネットやSNSで配信されている情報は”すでに過ぎた情報”なので、生きた情報が手に入るのは「チャート」か「運営側とのコネクション」のみです♪

ガチホの時はネットやSNSで得られる「情報」を頼りに買ったり売ったりしていたと思いますが、回転の場合はチャートに表示された過去の値動きから市場動向を分析する「テクニカル分析」を駆使していくことになるわけです(‘ω’)

もちろん情報収集を全くやらなくていいわけではありませんが、「インジケーター(分析ツール)」「ライン(描画ツール)」この2つを駆使しながらチャートを分析するだけでも、そこそこいい感じに狙えます!!

テクニカルチャートの説明画像

↑↑こんな感じで、チャートに直接インジケーターを表示させて、それを見ながら自分でラインを引くという感じが良いですね٩( ‘ω’ )و

※注目※
Twitterでは毎日たくさんの仮想通貨ユーザーがテクニカルを配信しています!!
「他の人がどのような取引をしてるのか?」これを研究するのが1番成長が早いので是非参考にしましょう^^
ボクのTwitterアカウントでも配信しているので、よければ参考にしてみて下さい→@crybro_token

その3、取引の出口を決めておく

取引の出口とは「決済する価格」のことで、短いスパンで売買を繰り返す時は”出口”を決めておくだけで結果が大きく変わります!!

というのも、「人は利益には慎重に、損失には大胆な行動を取ってしまう生き物である」という投資の名言があるくらい、決済する時は気持ちがブレやすくなるのです(°∞°*)

注文した後に価格がプラスに動けば「もっと、、、」という欲が出ますし、マイナスに動けば「きっとまた、、、」と根拠もなく元に戻ると信じてしまったり。
ボクも昔よ〜くやってました(笑)

決済のタイミングでブレる

けど、仮想通貨に限らずどのような金融商品でも現実(チャート)は思い通りに動いてくれません。
利確も損切りも自分の中で”ここまで”という出口を決めておいて、そこに到達したら問答無用で決済する。これが回転を成功させるコツです!٩( ‘ω’ )و

また、いくらで注文した時に、どのくらい利益を得て、どのくらい損するのか?これを事前に考えるクセをつければ無謀な取引を減らすこともできますからね♪

「一定以上の利益が出たら決済する価格」
「一定以上の損失が出たら手仕舞いする価格」

注文する前には、必ずこの2つの出口を決めておきましょう♪

まずはイメトレ!取引のモデルケースを紹介♪

では。
これまで紹介してきた内容を、実際の取引に置き換えてみましょう(*°∪°)

モデルケース:資金10万円の場合
運用スタイル…できるだけ安全に
銘柄…BTC/USD
資金…10万円
最大レバレッジ…5倍
テクニカルチャート…スマホ版MT5

①、テクニカルチャートを使って相場を分析

なにはともあれ、まずは分析です!
テクニカルチャートを開いて、インジケーターラインを使って分析していきます(°∞°*)

今回使用するのはコチラ♪

使用するツール
インジケーター:①移動平均線:期間20、②移動平均線:期間50)
ライン:③水平線、④トレンドライン
ちょっと少なく感じるかもしれませんが、このくらいシンプルな方が見やすくて分析もしやすいので個人的にはオススメです( ‘ω’ )

では、早速分析してみます!!

仮想通貨のテクニカルチャート分析
  • 分析.1
    ヨコヨコ状態(レンジ)
    ◎移動平均線20、50が絡んでいる
    ◎同じ価格帯の高値を作り、水平線の下を行ったり来たりしている
  • 分析.2
    トレンドライン(斜め線)が出来上がっている
    切り上がっている安値同士を結びつけると、一直線の斜めラインになっている。
  • 分析結果
    狙うなら「売り⤵」
    高値を更新できず、トレンドラインを形成していることから「トレンドラインをブレイク(下抜け)すれば大きく下げる可能性大」と分析
※本当はもっと詳しく分析していますが、ココでは割愛します※

ざっくりしてますがこんな感じで分析できたので、「トレンドラインのブレイク」を狙って画像の★印のところで「売り注文(空売り)」を入れようと思います!!

②、取引の出口を決める

取引の出口を決める時は、「利食い」と「損切り」の比率が「利食い=1」に対して「損切り=0.5〜1」くらいになるようにしましょう。

損益比率の参考例

実際チャートに表示されると「利食い(TP)」と「損切り(SL)」に結構差がありますが、投資は「負け」を想定して取引するのが当たり前なので、このくらいの比率で取引しないと割に合わないんです(°∞°*)

ということで、注文を入れたい★マーク地点の価格は$6516.17なので、

一定以上の利益が出たら決済する「利食い」の価格=$6441.17
一定以上の損失が出たら手仕舞いする「損切り」の価格=$6571.17

という感じで設定します(`・ω・´)

損益比率の決定

③、自分に合った注文数量を決める

回転は”通常の数倍〜数十倍の金額”で運用ができますが「どのくらいの金額で取引したら良いのか?」イメージしにくいと思います。

銘柄によってベストな取引金額は変わりますが、投資業界では「1回の取引の損失額が、資金の5%以内」になるよう設定すると良いと言われています。

「口座残高 × 5% = 1回の損失額」

ただ、仮想通貨は他の金融商品よりも遥かにボラティリティ(価格変動率)が高いので10%以内に設定するのが個人的にはオススメです٩( ‘ω’ )و

モデルケース(資金10万円)の場合
口座残高損失額上限為替レート
¥100000
¥10000
$1=¥110.5
注文レート利食いレート損切りレート
6516.17
6441.17
6571.17
【損失額計算】
注文「6516.17」 ー 損切り「6571.17」 = 損切り幅「$55」
「¥110.5」 × 「$55」 = ¥6077.5
 
資金の約6%なのでOK♪
【利益額計算】
注文「6516.17」 ー 利食い「6441.17」 = 利食い幅「$75」
「¥110.5」 × 「$75」 = ¥8287.5
 
損失額「6077.5」の約1.36倍なのでOK♪
【取引数量の試算】
「A、1BTC(約$6516)で取引」
BTCの価格が「$6516.17」から「$6606.67」に上がったら「約10,000円($90)の損失」
 
「B、0.1BTC(約$651.6)で取引」
BTCの価格が「$6516.17」から「$7421.17」に上がったら「10,000円($90)の損失」
 
A=損切りラインを「$6571.17」に設定しているので、問題なし
B=かなり離れた価格帯なので、回転にはあまり向いてない
 
A=1BTC分で取引するに決定!!
注文数量を逆算指定する
 
慣れるまでは結構面倒くさいですが、回数を重ねるごとに自分に合った取引数量が掴めてくると思います٩( ‘ω’ )و
継続は力なり!!

㊟、容量オーバーご用心!?「ロスカット」とは?

「ロスカット」とは、損失額が口座残高以上にならないようにする”強制決済”のことです。

マージン取引の場合、含み損(未確定の損失)の許容量が決められており、それを上回ると取引所側から強制的に決済され、それまでの含み損が全て口座残高から引き落とされてしまいます。
ロスカットの説明画像

何故このような仕組みがあるのかと言うと、マージン取引は「業者とユーザーの間にある信頼関係」によって成り立っていて、その信頼のステータスになるのが「証拠金の残量(口座残高)」です。

そのため、証拠金を著しく減らしかねない取引(含み損が増え続ける状態)だと「この人は信頼できないな」と判断されてしまうんですね(´ω`)

WiseBitcoinでは「含み損が証拠金の50%」に到達したらロスカットされますので、
口座残高が1BTCだとしたら、マイナス方向に0.5BTC動いたら即座に取引が終了し、口座残高が半分(0.5BTC)になるということですね(´ω`*)

※含み損が証拠金の20%に達した時点で、業者から「マージンコール(警告通知)」が来ます※

ロスカットになってしまう状況、対策方法は@NEETORZさんの解説がわかりやすいです♪
参考 損する原因と対策方法を徹底解説!!FXブログ|プロニートORZが億稼ぐ!

回転専用オススメの取引所

WiseBitcoin(ワイズビットコイン)

WiseBitcoinは、信用取引専門の取引所です。
もともとFXの取引所を運営していた「LAND FX」という証券会社が運営しているだけあって、取扱銘柄、信頼共に圧倒的に高い取引所といえます!!

また、資金以上の損失が出ない「追証なし」を採用しているので借金リスクがゼロなのもうれしいですね^^

また、テクニカルチャートに「MT5(Meta Quotes 5)」というFX業界では超人気のツールを使っています。
ボクも昔から使っていますが、操作性は抜群ですよヽ(*°∪°*)ノ

WiseBitcoinの紹介画像 WiseBitcoinの使い方!BTCFX専門取引所を100%使い倒す方法をまとめました!

BitMEX(ビットメックス)

BitMEXとは、先物取引専門の取引所です。
現在、仮想通貨取引所の取引高ランキングで世界No.1の座に君臨している、言わずと知れた超有名取引所ですね٩( ‘ω’ )و

チャートに「Trading view」という世界中の取引所が利用している高機能ツールを使用しているので、初心者でも楽な操作で高度な分析ができます!!

BitMEX 【ガチホ卒業】BitMEXの使い方と登録方法を紹介♪
ブログランキング参加中!
にほんブログ村 投資ブログへ

押していただけると元気1兆倍になれるので応援ヨロシクお願いします₍₍(ง°ω°)ว⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。