コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

世界初の産業用貨物ドローンICO「SKYFchain(スカイチェーン)」とは?



Hi♪東くん♪


やぁビンノさん♪どうしたの?


実はね、この間バイト先の店長さんから壊れたドローンを貰ったのだけど。
東くん修理できない?


ドローンの修理はボクも無理かな^^;


なんだ。キミ思ったより役に立たないな。


(イラッ💢)
で、、、でもドローンに関わりのあるICOの紹介ならできるよ?


あっそう。じゃぁそれでいいよ。早く教えて。


(イライライライライラ💢💢)

 


と、いうことで今回紹介するのはコチラ♪
無人機を使った貨物ロボット事業のICO「SKYFchain(スカイチェーン)」です(*°∪°)

SKYFchainのロゴ

無人機を使った貨物ロボット事業とは、Amazonやクロネコヤマトなど超・大手企業が研究開発を進めている、最先端の運送ビジネスモデルです!
 
これが実現すると、宅配業務専任の人材が必要なくなり、人件費や管理コストが50%も削減されるとのことで、まさに世界中から注目を集めている事業の一つです♪
 
今回紹介するSKYFchainは、産業用に特化した貨物運搬ドローンや無人車両・AIの開発を進めており、今年行われたプレセールでは3月6日〜10日の計5日間のみで200万ドル(約2億1500万円)もの資金調達に成功している、超有望銘柄の1つです!
 
では、そんな超有望銘柄である「SKYFchain」とは一体どんなICOなのか?
今回もホワイトペーパーを最後から最後までじっくりと読み込んだので、誰よりも詳しく解説してきます!ヽ(*°∪°*)ノ
 

SKYFchainとは?

SKYFchainとは、無人車両使った「無人機輸送」と、AI(人工知能)・ブロックチェーンによる「無人業務管理」を可能にするプラットフォームです。

SKYFchainのロゴ2

もうちょい掘り下げると、従来の貨物運搬は「陸」「海」「空」全ての輸送手段に人が乗った車両・機械が使われていました。
「陸」ならトラック、「海」ならコンテナ船、「空」なら飛行機、といった感じですね(*°∪°)

しかし、こういった「人」が主体の運搬には人件費・保険・管理費などなど、様々なコストが必要になってきます。

そこでSKYFchainでは、乗り物の操縦・配送ルートの調査・運賃計算など、運送業務のほぼ全てをロジック(法則)化し、AIと機械によるオートメーション配送業務の実現を目的にしています。
これにより、これまでかかっていたコストを50%も削減できるんだとか(*°ω°)
 
その先駆けとして、現在は無人輸送ドローン「SKYF(スカイ)」の開発や、運送業務を管理するプラットフォーム「SKYFchain」、その中でGAS(燃料トークン)として使われる「SKYFT」の発行などを行っています。

SKYFchainプロジェクトの全体像

SKYFchainの基本情報

SKYFchain(スカイチェーン)ICOの基本情報!
概要B2Rオペレーティング・システム(公式サイト
運営元SKYFチーム
トークン名SKYFT
ICOプラットフォームイーサリアム(ERC-20)
ICO期間2018/03/10〜2018/06/15
プレセール期間2018/03/06〜2018/03/10(終了)
購入できる通貨BTC、ETH
最大供給量528,000,000
ソフトキャップ(最低目標金額)5,000,000 USD
ハードキャップ(最高目標金額)30,000,000 USD
最小購入量3,000SKYFT
ホワイトペーパー公式HP(日本語対応)
ロードマップ公式HP(日本語対応)
SNSTelegramTwitterFacebookMedium
BitcointalkRedditGithubInstagramYouTube

 

SKYFchainの特徴

”業界初” B2R(ビジネス・トゥ・ロボット)

B2R(Business To Robot)とは、文字通り「企業とロボット(AI)」が直接ビジネスをやり取りすることです(*°∪°)
 
正直「そんなことできるの?w」とちょっと小馬鹿にしたくなりますが、最近はIoT分野でAIやセンサーの開発がものすごく進んでいます。
特にAIは目まぐるしく発達しており、最近CMでも流れているAmazonのスマートスピーカー”Amazon Echo”の人工知能「Alexa(アレクサ)」が良い例と言えますね(*°∪°)

Amazon EchoのAlexa

AlexaのCMの中でもそうですが、今のAIは「人の言葉(音声)」だけであらゆる業務をこなしてくれます。
もちろんAIに様々な状況やパターンを学習させなければなりませんが、ロードマップにも記載されているように今後そういったAIの学習フェーズも用意されているようです♪

なので、企業とAI(機械)が直接ビジエスをやり取りする「B2R」の実現もそれほど遠くないと言われています(*°∞°)
 

世界初の産業用貨物ドローン「SKYF(スカイ)」

SKYFchainプロジェクトの中では「陸海空」全ての運送車両の開発が見込まれていますが、プロジェクトの主軸になっているのは、重量貨物の運搬用ドローン「SKYF」の開発です♪

SKYFchainを運営している「SKYF」は、もともとロシアにあるドローン開発を行っていた会社なので、開発された1号機の性能はかなり高いと評判なんですよ(*°∪°)
YouTubeでも動画がたくさんありますからね!

ドローンによる貨物の運搬はAmazonやヤマト運輸も事業開発をしていますが、市内配達を想定されているので「日用品の運搬」に限られています。
しかし、SKYFは「農業」「貿易」「消防活動」など、かなり幅広い分野での実用が想定されているため、大きさも「ヨコ5.2m×奥行き2.2m」とかなり大型のドローンになっています。
 
もちろんその分パワフルな飛行が可能で、時速70km、積載量400kg、飛行距離350kmとなり(最大値)、一般的なドローンの性能を遥かに上回っています。
 
産業用というだけあって性能はピカイチですヽ(*°∪°*)ノ
(残念ながら、燃料にガソリンを使うため排出ガスや騒音は避けられませんが^^;)

SKYFドローンの画像

重量貨物の運搬用ドローン「SKYF」の性能一覧
積載量400kg
飛行可能距離350km
飛行可能時間8時間
最大速度時速70km
飛行可能高度5〜3000m
位置精度30cm以内
燃料ガゾリン

SKYFchainの可能性

世界大手の企業と提携

SKYFchainは世界規模で事業を展開している大手企業と提携を結んでいます(*°ω°)
あまり聞き慣れない名前の企業ですが、その界隈では非常に有名な企業ばかりみたいですよ♪

syngenta(シンジェンタ)
スイスに本拠地を置く世界的な農業企業。年間売上高は128億ドル。
バイオテクノロジーの研究に力を入れていて、主に農作物の種や肥料などを生産・販売しています。
syngentaのロゴ
Prodimexグループ
ロシア連邦最大の砂糖メーカー。年間売上高は10.6億ドル。
8つの国に60万ヘクタール(東京ドーム約13個分)の農耕地を持っていて、砂糖だけでなく小麦、大豆、トウモロコシといった農作物の生産も行っています。

※その他、SKYFchainの提携企業はホワイトペーパーで確認できます(*°∪°)
 

国内外大手宅配会社も無人車両の宅配サービスの事業開発中

現在、国内外の大手宅配会社もドローンや自動運転を使った宅配サービスの研究を行っております。
海外では、大手ECサイトのAmazonがドローンを使った宅配サービス「Prime Air(プライムエアー)」を開発。
2016年12月にはイギリスで初めてのドローン配達に成功しており、日本でも楽天ヤマト運輸が参入を検討しています(*°∪°)

primeairの画像

また、国内大手配送会社のヤマト運輸では、新規事業投資に勢力的なDeNA(ディー・エヌ・エー)と協力して国内初の自動運転車両「ロボネコヤマト」の実証実験を行っています。
ちなみに、つい最近も神奈川県の藤沢市内の公道で行われた実証実験がニュースになりましたね(*°∪°)

ロボネコヤマトの画像

このように、国内外の超・大手企業が無人車両による輸送に力を入れていることから考えても、貨物ロボット事業の市場規模はこれからドンドン大きくなっていくと思われます(*°ω°)
 

ロードマップ(事業の計画)

ロードマップ(WP参照)
2014〜2017年・SKYF 貨物ドローンの設計と製造(済)
・テスト飛行(済)
・完全自立飛行のテスト(済)
2018年・SKYFプロジェクトからのSKYFchainプロジェクトの分社(済)
・プライベートブロックチェーンネットワークの最も適切な技術と開発に関する研究
・貨物ロボット市場のすべての利害関係者 (ハードウェア生産者、オペレーター/クライアント、司法当局、銀行/リース会社) と協力して、SKYFchainオペレーティング・システム のロジックとデータの開発。
・国際的な法的構 の作成
・ドローン飛行に厳格な規制がない地域で、SKYFドローンとパートナーネットワークの拡張と販売。
2019年・トランザクションの速度向上のため、市場参加者間でブロックチェーンネットワークノードの普及。
・ドローンの物流オペレーターのフランチャイズ化と、サードパーティ製のドローンの生産者(OEM)のために、ライセンスの公開。
2020年・ドローンの物流事業者のフランチャイズの拡大と世界中のライセンスドローン生産者の数の成長の結果として SKYF ドローン販売の急 な成長
・他のタイプのドローンの生産者のための教育キャンペーンやワークショップの開始。

 

SKYFchainまとめ

現在、SKYFchainのプレセールは終了してしまっていますが、まだICOは継続中です♪
今なら+30%のボーナスがついていますが、SKYFTの残量に応じてボーナスの量もドンドン少なくなってしまいますので、買うなら早めの購入をオススメします(*°∪°)

ボーナスの制限画像1
ボーナスの制限画像2

SKYFTの購入には「パスポート」とか「住所入力」とかちょっと手続きが面倒になるのですが、SKYFchainプロジェクトの将来性を考えれば惜しくはないと思います♪

※SKYFTトークンの買い方はコチラのサイトで詳しく解説しています(*°∪°)※
 


へぇ〜。なかなか面白いネ♪


どう?SKYFchainのICO参加したくなった?


そうだね♪お金くれるなら参加してみようかナ♪


(イラっ💢)。。。。。。バイト代は?どうしてるの?


東くんも学習しないナ〜 (笑)


使い切ったに決まってるだロ?


いい加減学習したまえヨ♪ (笑)


(イライライライライライライライライライライライライラ💢💢)

 

仮想通貨コミュニティ「Crypto brothers」

改めまして、Crypto brothers(略して”クリブロ”)管理人の東くん(とうくん)です(*°∪°)
コチラはボクのTwitterアカウントです♪仮想通貨💰のニュースとか、ボクの趣味🍕🌿とか、色々つぶやいてるのでフォローしていただけるとうれしいです♪

🐤東くんのTwitterアカウント🐤

仮想通貨について語ったり、趣味の情報を共有したり、楽しく和気藹々と情報交換できる友達ができたらいいなぁ〜と思ってます(*°∞°)
SNSはまだまだ不慣れですが、ゆくゆくはオフ会とか勉強会みたいなイベントも開催できるオンラインコミュニティを作りたいとも思ってますので、ヨロシクお願いします♪

【注意】当クリブロコミュニティでは、MLM(マルチ商法)・ネズミ講・ネットワークビジネス等は一切行っておりません。
また、そういった活動目的での参加もお断りさせていただいており、万が一そういった活動をされている方を見つけた場合、遠慮なくキックさせていただきますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。