コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

全てはここから始まった。ビットコイン(BTC)を知ろう!!

ビットコインアイキャッチ

こんにちは、東くん【@crybro_token】です。

今回のクリブロは「仮想通貨と言えばこれ!」というほどの知名度を誇る【ビットコイン】についてお送りします!

ビットコインは全ての仮想通貨の「始祖」ですので、ビットコインを知ることが全体を知ることに繋がります。

「ビットコイン?何それおいしいの?」という人でも分かるくらい詳しく解説したので、何も知らない人もぜひ読んでみてください♪

と、言うのもですね、ビットコインなどの仮想通貨に関する基本的な知識は、みんなが知っておくべきだと思うんです!

これからの未来、ほぼ間違いなく仮想通貨に関わるテクノロジーが世の中を激変させていきますからね!

インターネット以来の革命的技術と言われていますし、実際に大手銀行や世界的な企業だけでなく、各国の中央銀行もこのテクノロジーを導入する動きを見せています。

ネットと同じように、使いこなせる人とそうでない人では大きな格差が生まれてしまうでしょう。

なのに「ビットコイン?怪しいやつでしょ?」的な認識が広まっているのは非常に勿体無いことだと思うのです(°∞°*)!

投資(投機)対象としても「億り人」が続出するほど、なかなかに魅力的ですね♪(その分、リスクを知る必要があります)

仮想通貨取引をすでにしている方はもちろん、やってみようかなーでもなんか怖いしなー、な方も見ていって下さい♪

そもそも仮想通貨って何?を知りたい方はこちらをどうぞ!

「仮想通貨の基礎知識を知ろう!!」

仮想通貨はここから始まった!ビットコインとは?

まずはビットコインの全体像をざっくりと知っていきましょう(*°3°)

ビットコイン(Bitcoin)は未だ謎の人物とされている「サトシ・ナカモト」という人が発表した論文を元に、何人かの技術者が作り上げた世界初の仮想通貨(オンラインに存在するバーチャルな通貨)です。

※サトシ・ナカモト氏の論文を見たい方はこちらからどうぞ※
「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」

サトシ・ナカモト

ボク達が普段使っている「円」といった通貨とは全くの別物です。
バーチャルな通貨なので、百円玉や1万円札のように硬貨や紙幣がありません!データのみです。

ビットコインの取引には銀行などの金融機関などを必要とせず、純粋な二者間での取引が可能です。

普通、金銭のやり取りをする場合には「相手が信頼できるか」が重要になりますよね。
仮にいざこざが起きても、そこに取引を管理する第三者機関(中央管理者)が入り仲介しますが、それによりコストが発生してしまいます。

また、第三者機関に「信用できる人間だ」と証明するために身分証明が必要になりますが、結構面倒ですし、そこを悪者に狙われて個人情報の流出なんかも(可能性は低いですが)起きるリスクはあります。

対してビットコインは「公開アドレス」と呼ばれる銀行の口座番号のようなもが誰でも一瞬で作れます。
この公開アドレスを知っている相手であれば、世界中の何処にいようと24時間、メールを送るような感覚でビットコインの取引ができちゃいます(°∞°*)

取引は金融機関などが間に入らないので、まず手数料が安いし、処理が早いんですよね。

しかも、暗号技術を駆使して不正がしにくいシステムになっているので、セキュリティ面でも優れています。

ビットコインの送金

ビットコインを使えるお店やサイトは年々増えており、例えば外国のサイトで売っている商品を、ドルとかユーロとかを持っていないくても買えちゃうってわけですね!

海外のサイトでクレジットカードを使うのはちょっと怖いなぁ・・・なんて時に便利かもしれません(*°3°)手数料やすいし!

ビットコイン(BTC)の入手方法

ビットコインを入手するには「販売所・取引所」「マイニング」という2パターンがあります!

 

マイニングについては後ほど書きますが現在、効率の悪い入手方法なので販売所or取引所で手に入れましょう!

 

ビットコインの場合はビットフライヤーの取引所で購入するのが分かりやすいと思います♪

bitflyerビットフライヤー(bitflyer)はどんな取引所?
そんな便利なビットコイン、どうやって発行されているのかと言うと約10分ごとに自動生成されていて、発行上限枚数もシステムで最初から決まっているんです。

発行上限が決まっているので、コインが供給されすぎて価値が落ちてしまうことを防いでいるようですね!

最初から既存のシステムの問題点を解決しようと、色々と計算されて作られたものなのです。

その他、ざっと基本情報をまとめると・・・

ビットコインの基本情報

※表は2018年3月現在の数値です。
リアルタイムはこちらも参考にhttp://www.bitcoinblockhalf.com/

通貨名/表記ビットコイン(Bitcoin)/BTC
開発者サトシ・ナカモト(謎)
発行上限枚数21,000,000BTC
現供給枚数16,943,713 BTC / 80.68%
時価総額¥14,079,722,142,850
Mining報酬12.5BTC
半減期21万ブロックごと(4年に1度)で次回は2020年5月
リリース2009年
承認システムPoW(Proof_of_Work/プルーフ・オブ・ワーク)
公式サイトビットコイン公式サイト

 


 

ちょっと補足すると最小単位である0.00000001BTCを1satoshi(サトシ)という斬新な数え方をしています( € ω € )

てか、時価総額14兆w
14兆のビットコインも最初はほぼ価値が無く「1万BTCとピザ2枚」が初の取引だったらしいです!
今の価格だと・・・ピザ1枚40億円(((( ;゚Д゚)))ガクブル
こんな感じで価値が急上昇する可能性があるのが、仮想通貨投資(投機)の面白いところですね!
ただ一方で、価値の動きばっかりが注目されすぎて、本質的なシステムの凄さなんかはあまり語られてないんですよねー。
せやな。ビットコインは具体的にどんなシステムで動いてるの?
基本情報にあるマイニングとか認証システムとかなんなん??
いい質問ですね!!これからじっくりと語っていきますよ(*°∪°)!!
(あかん、火点けてもうた)長くなりそうなのでお茶でも飲みながらご覧あそばせ

まずはビットコインを支えている技術やルールとして、ブロックチェーンとマイニングというものがあります。1つずつ見ていきましょう!!

ビットコインを支えるブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインの中核をなすシステムです。
このシステムによって、中央管理者が存在しない(非中央化)取引を実現しています。

ブロックチェーンとは、送金などの「取引データ(トランザクション)」が集まった「ブロック」を時系列で1つの鎖(チェーン)のように繋いでいく仕組みのことを言います。

不正取引データのブロックが勝手に作れないように、次のブロックを生成するためには膨大な計算が必要になっていて、この計算をクリアしたブロックのみチェーンに繋がれていきます。

ビットコインはこのブロックをみんなで共有し、不正がないか?を参加者同士でチェックし合うのです

ブロックを新しく作るのはめちゃくちゃ大変ですが、それが合っているかどうかのチェックは簡単にできるように作られてるんですね。

また、ブロックに格納されたデータは、一番最初に作られたブロックまで遡って確認ができるんです!

ブロックチェーン

つまり「いつ、誰が誰に、いくら送った」といった情報をみんなで共有しあって管理していると言う、普通の取引ではありえないくらいオープンで透明性のあるシステムなんです(*°∪°)

全て丸見えですからね(笑)

ただ、「誰」と言うのは個人を特定するものではなく、前述した「公開アドレス」が分かるに止まります。
取引の内容はオープンで透明性があり、個人情報はクローズドで匿名性があるシステムと言うわけです!

また、不可逆な暗号技術を使いデータはブロックに格納されて、チェーンが繋がれているので、悪い人が過去のデータを書き換えようとすると、そこから現在のデータまでが全て変わってしまうのですぐバレちゃいます(*°3°)

なので、ものすごく不正がしにくいシステムになっているのです♪

なかなか難解アルよー

ブロックチェーンの説明は、どうしても文字数が半端ないことになるので、これでもだいぶ端折ったのですが・・・
まー、要は不正しにくい自動化されたシステムを使うから
非中央化になり、知らん人同士の取引もできちゃうってことでしょ^^
むぅ..大体そんな感じですが語り足りない…

マママ、次のマイニングについても教えてヨー

マイニング(mining / 採掘)とは

取引データを格納するブロックを生成するには、膨大な計算が必要になるわけですが、この計算を誰が何のためにやっているのかと言いますと、

ズバリ、報酬目当ての不特定多数の人達です(*°3°)!

この計算をめでたく1番ノリで解くと、ビットコインのシステムに貢献したと言うことで、ビットコイン(BTC)を貰えることになっています。

2018年現在は12.5BTC貰えるので、1BTC = 約80万とすると、1000万くらいの報酬ですね!

それは皆こぞってこの計算を解き、ビットコインのシステムを支え続けているわけです。
こうしたブロックチェーンの承認方法を「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)」略して「PoW」と言います!

仮想通貨界隈でよく出てくるので覚えておきたい用語ですね(°∞°*)

承認方法は種類があり、それぞれの仮想通貨で異なる方法を取ることもあります。
なので「プルーフオブなんちゃら」が出てきたら「承認方法のことをいってるのねー」と覚えておきましょう♪

また、こうした仕組みを金を掘り当てることに掛けてマイニング(採掘)、マイニングする人をマイナーと呼んでいます!

マイニングする人

マイニングには計算スピードを上げるための機材を大量に使わないとまず1番乗りにはなれないので、その機材と機材を動かすための電力が必要になります。

機材を大量に動かすと電気代が非常に高くなり、下手したら報酬 < 電力になる可能性すらあります(*°3°)

なので、電気代が安い中国がマイニングでは有利になり、実際ビットコインのマイニングは中国の企業が上位を独占している状態です。

マイニングの割合

※上の画像の上位5社くらいまで中国企業です。

また、マイニングは単純な総当たりの計算なので、参加者が増えれば増えるほど早く計算が終わってしまうので、計算の難易度を調整する仕組みが設けられていて、これを「ディフィカルティー(採掘難易度)」と読んでいます。

ビットコインでは、ディフィカルティーを調整して1ブロックが大体10分で生成できるようになっているわけです(*°∪°)

そして、このマイニングシステムのおかげで、不正をしようと思ったらこのマイナーたちの膨大な計算力に勝ち続けなければいけないのです!

どう考えても不正を働くよりも、ビットコインに貢献してBTC貰った方がお得なので、こうした面でも不正に強いシステムになっているわけですね〜。

なかなかうま〜いシステムで動いてるね!
そうなんですよ!しかも簡素な仕組みなので、色々な所に応用ができるんです!
送金や決済といった通貨的な役割だけでなく、IoT(モノのインターネット)やシェアリングエコノミーといった分野を筆頭に
あらゆる分野で応用され、中央管理が必要なくスムーズで低コストなサービス等が生まれてくるんじゃないでしょうか!!
銀行の仕事も縮小しますし、最終的には国とか要らないんじゃないですかね!?
ちょ、落ち着いてw
そだ、ビットコインは何でこんな高くなっとるの??

そうですね、次はそこを語っていきますね

ビットコインの暴騰。その理由とは?

このビットコインは2009年に運用が開始され最初のブロック(ジェネシスブロック)が作られたとされています。

そこからピザのくだりがあったように、2011年くらいまでは1BTC = 100円以下で取引されていた低価格なコインだったのですが・・・

2018年3月現在は1BTC = 80万円を超えてます。

一時期は200万円まで跳ね上がってましたからね(*°∪°)

6、7年の間で2万倍くらいまで価格が高騰するというモンスター通貨です。
50BTC持っているだけで、億り人(資産が億を超えた人、主に投資界隈の用語)の計算ですね。

これまで解説してきたように、確かに革新的な技術ではあるのですが、なぜここまで価格が高騰したのでしょうか。

続いてはそこを見ていきましょう!

何でビットコインはこんなに高騰してるの?

数年で1万倍以上、価値が上がっているビットコインですが、開発者的にもこの展開は予測できなかったのではないでしょうか。

下の画像は仮想通貨が使えるオンラインショップですが、価格が0.00082BTCとか普通の通貨ならありえない表示になっていて、通貨として使いにくくなっちゃってますからね。

ビットコインで買い物

参考:Bitcoinmall

 

こうした高騰の要因は主に3つの軸があると言われています。

  1. 発行上限が設けられている
  2. 資産の避難先
  3. 認知の拡大

① 発行上限が設けられている

要因の1つは、ビットコインに2100万枚という発行上限があることです。
モノの価値を決定づけるのは需要と供給のバランスで、需要側に傾いた時に価値が上がり、供給側に傾いたら価値は下がります。

通貨を大量発行することで通貨1つの価値が下がる「インフレ」を起こし辛くするための対策として、最初から発行上限がプログラムされているそうです。

ハイパーインフレ
ジンバブエドルで起こったハイパーインフレの図

総数が決まっているのであれば、ビットコインが欲しいと思う人が多くなれば、価格は一方的に上がると考えられますね(*°∪°)

ゲームのレアアイテムと同じやね!超強いアイテムが数量限定で売ってたら、いくら払ってでも買いたくなるで!

Oh…これがジャパニーズHAIKAKIN(廃課金)ネ。

② ビットコインは資産の避難先

もう一つの要因として、資産の避難先としてもビットコインが選ばれていることです。

例えば2013年に起こったギリシャの金融危機。
銀行が資金不足に陥り、預金の引き出しが制限されたり、国外送金が禁止された時、ビットコインが資産の逃げ場になったと言われています。

つまり、いくら大金を預けていたとしても、それを引き出せくなっちゃったら意味がないのでどうしよう、でも国は信用できないなってなった時に、国が管理していないビットコインが注目されたのですね。

また、ビットコインの銀行を通さなくても送金できることや、それゆえ手数料が安いことにも注目が集まったみたいです。

2015年の中国人民元の切り下げも影響していて、人民元を大量に保有していた富裕層の資金避難先としてもビットコインが注目され、そこから徐々に価格が高騰していきました。

また、匿名性を利用してマネーロンダリングや怪しいサイトで使用される通貨としても需要が伸びちゃったみたいです(`¢´)

 

シルクロード

ディープウェブ(普通の検索とかで出てこないサイト)で有名なシルクロードもビットコインが使われていたネ!

このシルクロードは銃や違法ドラッグ・盗難品・人身売買・殺◯請負など様々な取引が行われている違法サイトですガ、そこの取引に使われたいた唯一の通貨がビットコインだったんダヨ!

妙だな・・・やけに詳しいぞ・・・・?

③ 投機対象としての認知の拡大

こうしたビットコインの特性などを知る人がどんどん増えていって、世界中で「あれ、これ今買っとけば将来的に価値上がりまくりじゃない??」と考えた人たちやらが、投資(投機)対象として注目し始め、それに引っ張られるように多くの人たちが乗っかり・・・・

買いが買いを呼び、右肩上がりに価格が上昇していったと考えられます(*°∪°)

ビットコインのチャート

それに伴い、取引所やビットコインを使えるサイトなどもどんどん増え、広告もバンバン増え、今では投資やビットコインなど仮想通貨に興味がない人でも、「みんなが知っている」という状態になっていきました。

そして、これだけ注目されると「お試しにちょっとやってみようかな」とお試しで始める人も多くなり、数年で1万倍という驚異的な値上がりを見せたのでした。

 

どうでしたか?なんとなくビットコインの仕組みとこれまでの経緯が見えてきたかと思います(*°∞°)

ボクもまだまだ勉強中の身ですが、参考になったらうれCです!!

セヤナ!

ビットコインは時価総額・知名度もダントツですが、ゆえに取引が増えすぎて処理しきれなくなる「スケーラビリティ問題」も解決が急がれています。

平均10分で処理されるように設定されていますが、一時期数時間待っても処理されない時期が続いたそうです。

詰まってモータのか。

とはいえ、ビットコインは始まりの仮想通貨ですし、ビットコイン以外は「アルトコイン(alternative_coinの略で代替の意)」という区別もあるし

仮想通貨の「パイセン」みたいな存在として今後も君臨するんじゃないでしょうか。

よっ!ビットコインパイセン!

また、パイセン(ビットコイン)は基軸通貨みたい役割もあり、新たに仮想通貨を作るときもビットコインベースで作られたりもしています。

そんなわけで、今まで見たいな爆上がりはないにしても、まだまだ成長の余地はあるとボクは見ています!

要チェケですな。ピザ2枚と交換したものが、100億になるかもしれないなんて、仮想通貨におらワクワクすっぞ。

でもまあ、仮想通貨市場は価格の変動幅(ボラティリティ)がめちゃめちゃでかいことが多いので、逆に損することも全然アリエルね。

仮想通貨取引のご利用は計画的にナ!

ビットコイン以外のアルトコインについては下記のページで詳しく説明しているので、どうぞ参考にしてください♪

クリブロのアルトコイン解説!!

「クリブロ」のメンバーになってみませんか?(*°∪°)
ボクこと「クリブロ管理人:東くん」のTwitterアカウントはコチラです♪🐤東くんのTwitterアカウント🐤

仮想通貨のニュースとか、ボクの趣味とか、色々つぶやいてます!
SNSはまだまだ不慣れですが、仮想通貨の事一緒に語れるよな仲間を募集中ですのでフォローしていただけるとうれしいです(*°∪°)

当ブログ「CryptoBrothers」のTwitterアカウントもあります♪

ボクを含めたクリブロの仲間(ORZさん、ビンノ)達が気ままにつぶやいてます(*°∪°)
今後、フォロワーの皆さんと一緒オフ会とか、勉強会みたいなイベントをやりたいとも思っているので、こちらもフォローしていただけるとうれしいです♪ヨロシクお願いま〜す!!

【注意】
当クリブロコミュニティでは、MLM(マルチ商法)・ネズミ講・ネットワークビジネス等は一切行っておりません。
また、そういった活動目的での参加もお断りさせていただいており、万が一そういった活動をされている方を見つけた場合はキックさせていただきますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。