コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

図解で分かる仮想通貨FX④!デモ口座でリアル取引を体感しながらスキルを磨く!

東くん
こんにちは♪東くん(@crybro_token)です^^

 
7月から始まりました「仮想通貨FXの正しい知識」を皆様にお届けする【図解で学ぶ仮想通貨FX!】、今回は第4回目でございます^^

これまでの3回は座学形式で紹介してきましたが、今回はデモ口座を使いながら実際に取引の流れを紹介していきます٩( °ω°)و

「デモ口座」というのは、取引所が自社のシステムに慣れてもらうために用意している架空の口座のことで、完全無料で本番さながらの取引を体験できます!

お金を入金する必要もないですし、どれだけマイナスになろうと痛くも痒くもありませんw
仮想通貨FXに挑戦したい人にとってまさにうってつけの練習場なんです(´ω`*)

ただ、国内の取引所ではデモ口座を取り扱っている取引所が無いので、今回使用するのは「WiseBitcoin」という海外取引所のデモ口座です^^

WiseBitcoinは仮想通貨FX専門の取引所なので、初心者の方でも「仮想通貨FXのイロハ」を経験できますし、取引の全体感を掴みやすいです٩( °ω° )و

ということで善は急げ!
ちゃちゃっとWiseBitcoinのデモ口座を開設して実際に取引してみましょう♪

スマホ1台あれば、デモ口座〜設定まで15分くらいで全て出来ます^^

:デモ口座開設に必要なもの
・名前(ニックネーム可)
・メールアドレス(PC、スマホどちらでもOK)
・携帯電話番号(SMS認証で必要になります)

WiseBitcoinのデモ口座を開設

  • STEP.1
    公式サイトにアクセス
    wisebitcoinの公式サイト
    公式サイトのトップに表示されている「デモ口座開設」をクリックしてください。
  • STEP.2
    個人情報を入力します
    wisebitcoinのデモ口座開設画面1
    :「市外局番」には最初の「0」を抜いた番号2桁を入力して下さい。
    (例)090 9999 9999 → 市外局番「90」
    「携帯電話番号」のところには、残りの8桁を入力すればOKです。
    (例)090 9999 9999 → 携帯電話番号「9999 9999」

    :携帯番号を入力したら「SMS認証番号送信」を押して、送られてくる4桁の番号を入力してください。

  • STEP.3
    口座条件を選択します
    wisebitcoinのデモ口座開設画面2
    :基本全てそのままでOKです^^
    セキュリティコードを入力して「送信する」ボタンを押してください。
  • STEP.4
    登録したメールアドレスにアカウント情報が送信されます
    wisebitcoinのデモ口座開設画面3
    「ご登録のEメールへアカウント情報〜」という緑色の表示が出たら、メールを確認してみましょう。
  • FINISH
    メールが届いていれば登録完了です!
    wisebitcoinサポートからのメール
    引き続き「MT5」をダウンロードしてください。
    ダウンロード済みの人は、メールに記載されている「アカウント番号」「パスワード」で、MT5のデモ口座にログインしましょう♪

    スマホ版MT5のダウンロード&ログイン方法はコチラの記事を参考にしてください^^
    wisebitcoinスマホMT5の設定方法【iOS版】【WiseBitcoin】スマホMT5のログイン方法と設定の仕方(iOS版) wisebitcoinのAndroid版MT5の設定方法【WiseBitcoin】スマホMT5のログイン方法と設定の仕方(Android版)

まずは戦う準備を整えましょう

チャート画面を設定する

デモ口座のログインを済ませたら、今度は実際に取引を始める為の準備「チャートのカスタマイズ」をしましょう(ง°ω°)ว

チャートは仮想通貨FXに欠かせない道具の1つ。自分にとって見やすく使いやすくすれば取引をスムーズに進めることができるので、カスタマイズは必須です!
MT5の初期チャート

初期設定のままだと、画像のように真っ黒で怪しい雰囲気しか感じられないので、もう少し爽やかで見やすいチャートに変更しましょう!

MT5は各機種ごとに設定方法が変わるので、下記の記事を参考に設定してください♪

通貨ペアを選びましょう

仮想通貨FXができる取引所の殆どは複数の通貨ペアを取り揃えています。
けど、あれもこれも取引するのではなく、初心者の方は「BTC/JPY」「BTC/USD」で統一しましょう。

というのもBTCは全ての仮想通貨の基軸となる通貨なので、世の中の8割以上はBTCレートと同じような動きになります。

つまり、BTCを攻略できればあらゆる通貨を攻略したも同然なのです٩( °ω° )و

レバレッジ上限を確認して、証拠金を計算しておく

仮想通貨FXは、各通貨ペアごとにレバレッジ上限が違うので、どの通貨ペアで取引をするのか決めたらまずレバレッジ上限を確認しましょう^^

FXは「取引に最低限必要な証拠金(必要証拠金)の額」に対して「口座残高」が少なすぎるとロスカット(強制決済)されてしまうので、レバレッジ上限が取引の生死を分けるんです。

ということで、下の計算ツールを使って「必要証拠金」を計算してみましょう!

:必要証拠金計算ツール

Jazzy Forms: unknown form ID "Required margin"

必要証拠金に対する残高の割合ですが、「必要証拠金の2〜3倍」程度の資金が口座に入っていればロスカットされることはまずないと思います^^

手数料を計算して、最低限の利益を見積もっておく

仮想通貨FXは少なくとも手数料以上の値幅を狙わなくてはならないので、手数料もいくら掛かるのか事前に確認しておきましょう。

手数料は各取引所によって様々ですが、今回はWiseBitcoinのデモ口座を使ったシミュレーションなので、手数料もWiseBitcoinを元に計算していきます^^

商品ごとに違いますが、ここでは「CryptoCurrency7d」の「0.3%」で計算してみます。
「1通貨の値段 × ロット × 0.3%」という計算式になりますが、、、、ややこしいところは「手数料計算ツール」でちゃちゃっと済ませちゃいましょう♪笑

:手数料計算ツール

  • 取引手数料計算ツール

さて。
以上で取引を始める前の準備は終了です♪

:自分が取引する通貨ペアはどれなのか?
:いくら必要なのか?
:最低限狙わなければならない値段はどのくらいなのか?

なんとなくイメージできたでしょうか?^^
そしたら次はいよいよ取引の戦略を建てていきましょう!(و°ω°)و

チャートを分析して戦略を練ります

インジケーターで今の相場状況をざっくり把握する

チャートを見ながら値動きを分析する時は、いきなりローソク足1本1本のカタチを確認するのではなく、まずはざっくりと値動き全体を見ましょう。
なんとなく「上がっているのか?」「下がっているのか?」全体を俯瞰して大まかな方向性を捉える感じです。

そして、この時の指標になるのがインジケーターです。
インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類あるのですが、ここでは相場の状況把握で絶大なパワーを発揮するトレンド系インジケーターを使います^^

トレンド系インジケーターで見るべき点は2つ。

・インジケーターの傾きと形
・ローソク足との位置関係
トレンド系インジケーターで見るべき点

ここに注目してチャートの全体感を掴みましょう(و°ω°)و

ラインを引いて狙う値幅を考える

テクニカルチャートの中でタテ・ヨコ・斜めに引かれている線(以下:ライン)は「支持帯/抵抗帯」と呼ばれていて、そのラインまで価格が到達すると反発する、もしくは、抜けきると大きく一方向に動き続けるという特徴があります。

エントリーシグナルや決済の目安として使われることもあれば、1度の取引で狙う「値幅」を見積もるときにも使われる最も汎用性が高い分析方法です(°∞° )

ラインは引くときの角度で名前と使い方が変わるので、ここでは特にメジャーな2つを紹介します^^

:横向きのライン → 水平線
価格が上昇している時に高値更新を阻んでいるライン:レジスタンスライン
価格が下落している時に安値更新を阻んでいるライン:サポートライン
サポートラインとレジスタンスライン
:斜めのライン → トレンドライン
切り上がり続けている安値同士を結んだライン:上昇トレンドライン
切り下がり続けている安値同士を結んだライン:下降トレンドライン
トレンドライン

いざ注文!

まずは流れに合わせて「成行注文」

注文をする時は「成行注文」「予約注文」の2種類があります^^
予約注文は使いこなせると非常に便利なのですが、使いこなせるようになるまでが大変なので、初心者の方は簡単にできる「成行注文」から始めましょう。

で、成行注文をするときの注意点は「タイミング」です(°∞°)
特に「スプレッド(価格差)の開き方」には注意しながら注文をしましょう。

スプレッド(価格差)の開き具合

相場には”盛り上がると価格差が大きくなり、盛り下がると価格差が小さくなる”という原則があって、毎秒ごとに価格差の開き具合は変わります。
なので自分が狙っている価格まで到達したらすぐに注文するのではなく、一旦スプレッド(価格差)に注目して「少し狭くなったら」注文しましょう٩( °ω° )و

ただし、狭くなるのをいつまでも待っていたらタイミングを逃してしまいますので、ある程度の踏ん切りは付けた方が良いと思います^^

少しでも利益が出たら「決済注文」で勝ち逃げ一択!

さて、注文まで終わったら今度はいよいよ決済です。

決済には「利益確定=利食い」「損失確定=損切り」この2種類しかありません。
そして、大切なのは注文する時と同じくタイミングです(و °ω°)و

決済する時もスプレッド(価格差)が関係してきますので、価格差が狭くなって確保できる利益額が多くなったタイミングで決済するのがベスト!!
なのですが、欲張って「もっともっと〜」みたいにいつまでも決済を躊躇し続けると、利益がドンドン減っていってしまう可能性もあります^^;

決済タイミングの測り方

ですので、まずは少しでも利益が出たらできるだけ早めに利益確定してしまうのが良いと思います。

今後のステップアップを考えるならば「どのくらい稼げたか?」に意識を集中するより、「自分の分析通りに動いたかどうか?」という点を意識するほうがはるかに大切です。

これだけは覚えておいて欲しいこと

かなり長編になってしまいましたが、取引の一連の流れはなんとなく掴めたでしょうか?^^
仮想通貨FXは知識やテクニックも大切ですが「いろんな事を経験する中で積み重なっていく、自分だけの感覚」もかなり重要だと個人的には思ってます(و°ω°)و

ですので、「リスクゼロ」のデモ口座で失敗を恐れずドンドンチャレンジして行きましょう!!

、、、、と、その前に。
これから仮想通貨FXに取り組もうとしている方々に、継続的に取り組む為に知っておいてほしいことを紹介します^^

初心者が負けるのは当たり前

まず、初心者の方は10回取引したら8回は負ける覚悟で取り組みましょう(°∞°*)

実際の結果は人によってそれぞれですけど、最初のハードルは低いに越したことはないですからね(笑)
それに色々試している期間は勝率にこだわらないほうが気も楽ですし、「自分なりの勝ち方=手法」が定まっていない間は気にする必要もありません♪

「丸パクリ」より地道な「トライ・アンド・エラー」が大事

仮想通貨に限らず、為替FXでも昔から「エントリーシグナル配信」「次はこう動く系発言」っていうのが流行ってて、ついそういった美味しそうなモノにくらい付いてしまいたくなるんですけど、こういった情報だけではそこまで勝てるようにはなりません^^;

ボクも昔は頼ってたんですけど、良くて勝率40%が限界でした(笑)

まぁ40%も勝てれば資金のやりくりでどうとでもなるのが投資の世界なんですけど、できることならもっと勝ちたいですよね?(´ω`*)

で、ボクはその頃からひたすらいろんなインジケーターとかラインとかを使って取引し続けた結果、今ではなんとか平均で63%くらいまで上げることが出来ています♪
取引履歴の画像
↑最近の取引履歴です^^
もちろん実際に勝っている人のやり方を真似るほうが効率は良いのですが、あくまでも「その人にとって勝てる方法」であって、自分も同じように勝てるとは限らないということをお忘れなく。

ですので「楽して勝てる方法」ばかりを探すのではなくて、「自分の血肉となりそうな方法」を探してひたすらトライ・アンド・エラー!
「自分だけの勝ち方」を見つけるためにはこういった地道な検証作業が1番大切なんです^^

まとめ:取引の流れは肌感覚まで落とし込むべし

デモ口座を使った「仮想通貨の正しい知識:実践編」はいかがでしたでしょうか?(°ω°)

記事を流し読みするだけでもなんとなくの仮想通貨FXの取引の全体感は掴めたと思います。
デモ口座で実際に取引してみると自分の中により深く染み渡るのを実感出来ますので、まだデモ口座で取引していない方は是非トライしてみてください^^

実際にデモ口座で取引をされた方。
この記事の中で紹介している「取引の流れ」は、あらゆる取引所、銘柄、トレードスタイルに共通しています。

これからも継続的にデモ口座で取引を続けていって、是非「自分だけの勝ち方」を見つけてみてください(و°ω°)و
取引方法のヒントとか、オススメのインジケーターとか何かしら質問があればコメント欄にどうぞ!!

Part.3に戻る Part.5へ進む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。