コレさえあればいい。全てを収録した初心者用の完全マニュアル

仮想通貨FX!今からでも億れる新しい戦い方にアップデートしよう

仮想通貨FX

こんにちは!仮想通貨トレーダー兼ブロガーの東くん(@crybro_token)です(°∞°*)

今日もカタカタ、お気に入りのカフェから更新しております。

テラスでの作業が捗る気持ちのいい季節になりましたが、仮想通貨の相場はハッキングやら金融規制の噂やらでサゲサゲになっていますね(;°∪°)

仮想通貨御三家「BTC・ETH・XRP」の一週間チャート

0614仮想通貨御三家のチャート
[みんなの仮想通貨]

ツイッターを見ていると【ギャー〇〇万円損したー!】とか【仮想通貨は終わってる!】とか過激なツイートが目立っているので、おそらくガチホ(仮想通貨を買っておいてホールド)しているであろう人が、相次ぐ価格の下落で損をしてしまっているのだと思います。

しかしですよ。
こうしたサゲサゲ相場でも稼げる戦い方を考え即座に変えていければ、損失を抑えられたり、逆に利益を伸ばしていけるチャンスになるんですよね!

価格の上昇 = 利益  / 下落 = 損失 ではありません♪

上げている時は上げている時の、下げている時は下げている時の戦い方があり、相場に合わせて臨機応変に対応していくことが投資では求められるのです。

そんな訳で今回のクリブロは、投資5年生のボクが考える「今からでも億れる、仮想通貨取引の戦い方」を紹介していきます♪

まだ【ガチホ上昇神頼み】的な戦い方をされている方は、ぜひこの期にアップデートしていってください(°∞°*)

そのためにもまずは、投資というものの考え方を書いていきたいと思います。

投資は結局のところ大局観を磨くことが大事

ボクはセルフ働き方改革の一環から株・国内海外FX・仮想通貨とやってきているのですが、共通して大事にしているのがこの大局観です(°∞°*)

Wiki
大局観(たいきょくかん)とは、囲碁、将棋、チェスなどのボードゲームで、的確な形勢判断を行う能力のこと。
転じて、物事の全体像(俯瞰像)をつかむ能力のことを「大局観」または「大局」と呼ばれる。

相場全体の流れみたいなものですね!

これを見誤ったり、そもそも考えもしないで投資をしてしまうと、全体の流れに逆らった戦い方をしてしまい、なかなか稼げなかったり、大きく損をしたりしてしまう可能性が高くなるんです。

仮想通貨の相場で大局観を考えてみる

実際の仮想通貨に当てはめて見てみます(*°∪°)

こちらは2017年のビットコイン(BTC)の1年分のチャートです。
2017年のBTC価格推移

後半からは見事な右肩上がりの価格推移ですね!

こうしたチャートの背景としては、富裕層の資金の避難先としてビットコインが注目されたことや、取引所の有名人を起用したCM、「仮想通貨億り人」のワードがニュースでバンバン出たことなどがあげられます。

単純にみんながみんな「ビットコイン買えば儲かりそう」と考えていて、今まで投資をしたことないような層までドバッと新規参入してきたことに一種のバブルみたいになっていたんですよね(*°∪°)

バブル経済イメージ図

ビットコインにつられてアルトコインや無名の草コインまでもが買い漁られて、何のためのコインだか良くわからないものまで価格が上昇していました。

Moon!(この上昇は月まで行くぜ!)みたいなワードも流行り、全体がイケイケの相場だったんですよね。(もはや懐かしい・・)

ボクも去年から仮想通貨に参戦していますが、資金を突っ込むリスクを取れるかどうかだけで、突っ込めばほぼ儲かるというイージーモードな相場だったことを強烈に覚えています。

こうした全体の流れ = 大局 では、「買って気絶」みたいな戦い方で投資をしていれば、楽に儲かることがわかりますよね!

ではでは、続いて2018年のビットコイン(BTC)チャートをみてみましょう。

2018年ビットコインの価格推移

年始から金融規制や取引所のハッキングなどバッドなニュースが続き、バブル崩壊かのごとく、大きく値下がりをしています。

多少の盛り返しは見られるものの、1月からくべると6月現在のビットコさんは半額セールになっちゃってますね!

チャート下部のグラフが出来高(取引量)なのですが、年始をピークに徐々に盛り下がっていることが分かります。
つまり取引する人自体がどんどん減ってしまっているような状態です。

アルトコインや草コインも、ビットコインと同じようにガタガタと価格を下げていて、中には10分の1とかになっているコインも珍しくありません(°∞°;)

ハッキング事件などをきっかけに「危ないもの」としての認知も広まり、新規参入も増えず、年始に新しく参入した人たちは高値を摑まされて含み損を抱えているような状態です。

さて、こうした全体的な流れ = 大局で2017年と同じように「買って気絶」といった戦い方をしているとどうなるでしょうか。

気絶から目が覚めたら資産が半分になっていたり、せっかく運用しているのにほとんど増えていない状況が容易に想像できますよね(°∞°*)

これは大局に対して合っていない戦い方をしてしまっているからなんです。

ではどう戦うか?ボクのオススメは仮想通貨FX!

2018年のように全体的に徐々に下げている相場で効率よく資金を運用するのであれば「価格が上がらなければ利益が出ない」よりも「価格が下がったとしても利益が出る」方がいいですよね!

それを可能にするのが仮想通貨FXです(*°∪°)

仮想通貨FXはレバレッジ取引の一種で資金の数倍の売買が可能になる仕組みです。

現物取引と違い仮想通貨を買ったとしても、それが自分のモノにはなりませんが、仮想通貨を持っていない状態でも「売れる」仕組みでもあります。

仮想通貨FXの仕組みを利用して、相場が大きく下がっている局面では「頼む!上がってくれ!」と祈るのではなく、売りから入ることで利益を狙っていきましょう(°∞°*)

とは言え、相場というものは日々上下を繰り返しているので(特に仮想通貨の価格変動は大きい!)、やみくもに売ってもなかなか思うように利益は出ません。

それどころから、レバレッジを利用することで大きく損失を出してしまう可能性の方が高いです。

ですので、大局の流れを意識しつつテクニカルやインジケーターなどを駆使してより細かく分析し、現状の相場から今後どうのような動きをしていく可能性が高いかを考え、仕掛けていくことが大事です。

また、精度の高い予測をしたとしても、絶対に当たることはないので、予測と逆方向に動いちゃった場合はしっかりと「損切り」することも大事です。

※詳しいやり方等はこちらの記事をご覧ください♪
サムネイル仮想通貨の回転とは?初心者でも簡単に真似できるコツを紹介します♪

ガチホのリスクヘッジとして仮想通貨FXを使う!

仮想通貨は利益を出すことだけが目的ではなく、株のように「このコインは素晴らしいプロジェクトなので、応援したい!」という気持ちで、コインを買いガチホ(長期的にホールド)している人も多いと思います。

ボクもリップルやイーサ、エイダコインとかは数年単位で買い増ししつつガチホしていく予定です(°∞°*)

しかし、前述の通り大局が下がり目線だと、どうしても資産が目減りしていく日々を余儀なくされそうですよね。

まあ2020年くらいにボコーンと上がることを願って「買って気絶」というより、「買って冬眠」くらいの感覚で長年寝かしておくのもアリですが・・・

仮想通貨FXを利用することで、損失を抑えつつガチホすることだってできます!

具体的には、下がりそうな局面でビットコインを売りで仕掛けておいてリスクを分散させる方法です♪

仕組みを詳しく説明できるほど熟知しているわけではないのですが、相場の事実としてビットコインの価格変動にアルトコインもつられる法則があります。

ビットコインとアルトの価格変動

画像は時価総額10位までの仮想通貨のデータですが、価格変動のチャートに注目すると、ほぼ同じような動きをしていることがわかります(°∞°*)

この法則を利用して、自分の推しコインをガチホしつつビットコインを売りポジションで持つことで相場全体の大幅な下落時の損失を抑えることが出来ます!
(基本的にススワップはマイナスになるので売りポジションは数時間〜数日の間で持つことをオススメします。)

仮想通貨FXで効率よく資金を運用していこう

仮想通貨もそうですが、投資するならば大局を読み、その流れに合わせて戦い方を考えることが大事という話でした(*°∪°)

今は【仮想通貨ブームは終わった!】とか言われていて、確かに取引している人も減っているのは事実ですが!

こうした仮想通貨FXの仕組みをうまく利用しながら、うまく立ち回ることで今からでも億ったりすることは全然可能です(°∞°*)

ボクも仮想通貨資産は【億】には届いていないので、1つの目標として頑張りたいと思ってます!!
達成した暁には仮想通貨業界がもっと盛り上がるようにガンガン使っていきたいですねぇ。

それでは今回はこの辺で(*°∪°)

具体的な相場の分析方法や、どこで仕掛けてどこで決済していけばいいのか?といった取引の方法は別の記事で詳しくまとめますので、そちらも参考にしていただければと思います♪

まだ書いてないので、もうちょっとお待ちください:(;゙゚’ω゚’):

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。